-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養老の滝

08 30, 2011
東北撮影紀行

つづきを書く前にこちら。養老渓谷での撮影のものを。
約3時間ほど歩き、ようやく渓谷へたどり着いたころには、夕方間近でした。
先日の養老渓谷で撮影し、シャープに、そして夏の暑さを忘れる涼しいイメージに仕立てあげました。

35度以上ある中歩き続け、やっと渓谷の中に入ったとき
そこは、それまでと少し異空間な気がした。

すっと、清らかに...



上の1枚目はレタッチで作品アレンジしてあり、月光、パールラベルでプリントしたら
メタリックでなかなか面白いものがプリントで仕上がりました!
パールラベルの商品リンクはありませんが、月光シリーズ、クオリティ高い!




顔料インク推奨とはいえど染料インクで印刷したんですが、モノクロで印刷した作品がまた独特な風合。
モノクロプリントだけど落ち着いた風合いも保ちつつ、メタリック!
これ、染料ならではの光沢系に強いメリットも活きてるのか??

これはぜひwebでなくプリントで実際にお見せできればと思ってます!!


秋のデザフェスにて、カードで販売予定です♩


このときの養老渓谷の日帰り撮影旅行では7Dをメインに使い、レンズは
SIGMA 50mm F1.4

EOSファミリーから

EF-L 70-200 F4 IS
EF-L 100 Macro
EF 28mm F2.8

※正式名後で追求します。
ところどころフィルムでも撮りました。
ASTIAで撮った最後の夕陽、よかったな...
そこらへんはまたそのうち!



大きいサイズはこちら



今回もお読み頂きありがとうございました!
ブログランキング、励みにしてます。
気に入って頂けたらポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
一瞬の輝きを大切に、アートのように。
心をこめて、情熱的に。

文字色Photograph PhotoArts
Syu Kikuzato (会社員、フリーで写真活動中)

~フォトアートで日常にやすらぎを~
フォトのとびら、オリジナルフォトアート作品。こちらもどうぞ。
http://clubt.jp/myshop/S0000040876.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

PR



Twitterでも
フォローよろしくお願いします

真夏の撮影紀行~千葉、養老渓谷、Part2 ~渓谷目指して山歩き~

07 19, 2011
男二人で歩く真夏の撮影紀行
Part2~養老渓谷を目指しての山歩き~


ということで前回の続編を。
前回は、ハプニング発生のところまででした。
その後、まず歩くならやっぱ水分補給!!

たっぷり水分を買い込みました
バッグがちょい重い。まあこんだけあれば十分でしょう!と3本買いました。

歩き始めて10分...すでに1本目が半分以上無くなってる!!笑

少しぬるくても自動販売機は所々あったのが本当に救いでした笑

山歩き、渓谷なら涼しいだろうと思ったのですが、なかなか渓谷にはたどりつけません。
いや、本当に渓谷に来たのか?というくらい、川のせせらぎの音はどこからもしてきません。

地図をもとにたどると、とても田舎を感じる鉄道の風景がありました。
鉄道沿線のスナップはとっても好きなので、電車の車体を撮ってるとき並に胸が高鳴りました笑
いったい昼間、1時間に1本通過するのかしないのか?そんなところです

だからこそ、都会ではなかなか難しい、踏切上にカメラを置いてスタンバイしたり
自分も寝ころんでみたり

これから長い山歩きになるのをすっかり忘れて10分くらい撮ってました笑



お気に入りの1枚。
RAW現像で若干色を夏のイメージに近づけたり、粒子感を加えたり
撮影時もアンダー気味に撮影しましたが、夏の田舎の路線風景
とにかく暑い!でもそれを強調してビビッドで鮮やかすぎるのではなく、心で感じ、目に映ったどこか懐かしい優しさも残しつつ...

そんな感じに仕立て上げました。




フィルムで撮影するのとまた違った、後から多様なアレンジができるのはデジタルならではの醍醐味です♩
この日は最近購入した7Dを1台、フィルムではEOS7でASTIAを使いました。

自分の撮影スタイルとして、レンズを時々交換しながら、フィルムとデジタル交互に楽しんでます。

風景ではあまり使われない?ASTIAですが、もう在庫限り
結婚式用に購入して余ったのは自分の作品用に使ってます。


田園、里山風景、ASTIAで現像上がったときのをイメージして仕立て上げたものはこちら




このブログ、スタイルシートの関係でか、横800ピクセル超えると画像が収まりきらず
ただ、どういうわけか6×6で撮ったような画像になったりするのがまた面白かったりしてそのまま使ってます笑


そんなこんんで無計画に歩いていたのですが
お腹空かない?のども乾いたよね?
ちょっと休もうぜ!ってことで、たまたま発見した旅館でお昼を頂きました。

ただここでもハプニングが....



来ない。
来ない。来ない。来ない。
ありゃ?????

ゆっくり丹誠込めて作ってくださったようです。
待つこと約45分

ようやく出てきました。地野菜の
茄子、筍、そしてメインの川魚の塩焼き







いっただっきまーす!!!!

美味い。
しかし時間がヤバいことに途中で気がついた。
ここは早く出なければ...

このままじゃ渓谷にたどり着けない!!!!
味わいつつもダッシュで流し込み笑

そして目的地まで寄り道せず、ガンガン歩き進めたのでした。

さて、無事に渓谷にはたどり着けたのでしょうか?

また、次回に続きます!


今回もお読み頂きありがとうございました!!


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
一瞬の輝きを大切に、アートのように。
心をこめて、情熱的に。

Photograph PhotoArts
Syu Kikuzato (会社員、フリーで写真活動中)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


フォトアート作品。こちらにて発表中。

ClubT
http://clubt.jp/myshop/S0000040876.html



これから少しずつ増やしていきますが、優しいテイストの作品を中心に制作していきます。
~ちょっとした日常に、フォトアートのやすらぎを~

第一弾、自身の名刺デザインに使った原画をマグカップにプリントしました。
PinkRose
ゆるーく、リラックス。
マグカップを手にしてくださった方が少しでも暖かい気持ちになれれば、大変嬉しいです。
ブログと連動して、こういったオリジナル作品の制作、発表活動も行っていきます。

また、11月の
デザインフェス タvol.34では、写真、フォトカード中心に、さまざまな限定作品も発表予定です。

2011年 11月12日(土) - 13日(日)
東京ビッグサイト西ホール全館

ブースは詳細決定次第お伝え致しますが、こちらもお待ちしております!
どうぞよろしくお願い致します。

こちらもお読み頂きありがとうございました!


にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村


真夏の撮影紀行~千葉、養老渓谷、ハプニングからの男2人の山歩き~

07 14, 2011
Blog更新1週間ぶり。ごぶさたでした。
今日も見て頂きありがとうございます!

書きたいことは沢山あるんですが、なかなかBlogへ手が回らない...
今回のは日帰りとはいえども、全部まとめて書くと少し長くなりそうなんでちょこっとずつ連載していこうと思います。

先日、千葉の養老渓谷へ行ってきました。

前日に結婚式2次会撮影...からの翌日山歩きです。

東日本パスは使わず、割と近場を日帰りでってことになったのですが、すっかりハマってしまいました!
東京から2時間半程度の所要時間でした。

養老渓谷といえば、ゆる鉄の名所で有名な小湊鉄道に乗っていきますが、これまたイイんです。
車窓からはずっと眺めてて飽きない田園風景、レトロな車内、ゆったりとした空気感
カメラを持って撮影してても、全く違和感を感じません笑

今日はひとまず、車窓風景、車内の様子、終点でとった車両
この3点アップします。





この猛暑の中、しょっぱなからハプニング発生。
友人と2人でしたが、私、しょっぱなからやってしまいました,,,
それは撮影に夢中になっているときのことでした。時間など忘れて楽しく撮ってると
なんとなんと....




バスがいない!行ってしまった!!!!
でも今更引き返すなんてもったいない。


2人の間にしばらくシンキングタイム

,,,,いや、歩いちゃえばいいじゃん!笑


すべてはここから始まったのでした笑



そんなハプニングにより猛暑の中、1日トータル15キロの徒歩撮影というとんでもなくハードな1日となったのです。

でも逆転の発想。こんな状況はバスで行ったら楽しめないところを撮るチャンスでもある。
それが実ってか、感動と発見にたくさん出会うことが出来ました。
これが旅の醍醐味。

さて、この後いったいどうなったのでしょう?

ここからが本題なんですが、今日はまずここで一旦締めます!






お読み頂きありがとうございました!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
一瞬の輝きを大切に、アートのように。
心をこめて、情熱的に。

Photograph PhotoArts
Syu Kikuzato (会社員、フリーで写真活動中)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。